弊社は昨年に引き続き、「IT導入補助金2022」の『IT導入支援事業者』として認定されました。

この事業は、中小企業・小規模事業経営者の皆様が、生産性の向上を計るために、ITツールを導入するための、事業経費などの一部を補助する制度です。

昨年のIT導入補助金では新型コロナウイルス感染症の対策に重点がおかれていましたが、2022年のIT導入補助金においては、インボイス制度の導入を見据えた企業間取引のデジタル化を強力に推進していく方針等が掲げられており、最大450万円までの補助が受けられます。

補助金申請は、登録された『IT導入支援事業者』を通して行われます。

弊社は、『IT導入支援事業者』として、皆様のご要望や、課題解決のための支援を行っておりますので、 何なりとご相談ください。

申請サポートからITツールの選定までワンストップでご支援いたします。

概要はこちらをご覧ください 



IT導入補助金2022の主な変更点


会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、EC ソフトに補助対象を特化し、補助率を引き上げ

●補助率を通常の 1/2から3/4 に引き上げ( 補助額 ~50 万円以下)

●補助率を通常の 1/2から2/3 に引き上げ( 補助額 50 万円超~ 450 万円)

クラウド利用料を2年分まとめて補助

昨今のIT ツールがクラウド化していることを踏まえ、最大2年分のクラウド利用料を補助。

PC・タブレット、レジ・券売機等の購入を補助対象に追加

●PC ・タブレット については、 補助上限額 10 万円 、 補助率1/2 で支援。

●レジ・券売機等 については、 補助上限額 20 万円 、 補助率1/2 で支援。

上記については「デジタル化基盤導入類型」と括られ、中小企業・小規模事業者に、インボイス制度も見据えたデジタル化を一挙に推進していくため、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用に加え、PC・タブレット、レジ・券売機等の導入費用も支援する方針となっています。

複数社連携IT 導入 類型の創設

地域 DX の実現や生産性の向上 を図るため、 複数の中小・小規模事業者が連携 してITツール及び ハードウェアを導入する取組を支援するものです。

企業間取引のデジタル化推進を支援する目的で「デジタル化基盤導入類型」「複数社連携IT導入類型」があり、これまでのIT導入補助金よりも細かい規定があります。

詳しくはこちらをご覧ください。


通常枠
(A・B類型)   
補助対象経費 ソフトウェア費、クラウド利用費(最大1年分補助)、導入関連費
補助額 ・A類型:30万円~150万円未満(補助率1/2以内
・B類型:150万円~450万円以下(補助率1/2以内)
スケジュール 【4次締切日】8月8日(月) 交付決定日 9月8日(木)
【5次締切日】9月5日(月) 交付決定日 10月6日(木)
【6次締切日】10月3日(月) 交付決定日 11月4日(金)
デジタル化基盤導入枠
(デジタル化基盤導入類型)   
補助対象経費 ソフトウェア購入費、クラウド利用費(最大2年分補助)、ハードウェア購入費(PC・レジ等)、導入関連費
※会計・受発注・決済・EC機能を保有するソフトウェアが対象
補助額 5万円~350万円
内、5万円~50万円以下部分:補助率3/4以内
内、50万円超~350万円部分:補助率2/3以内
※PC、レジ等の購入補助は補助率および金額が異なります
スケジュール 【8次締切日】8月8日(月) 交付決定日 9月8日(木)
【9次締切日】8月22日(月) 交付決定日 9月22日(木)
【10次締切日】9月5日(月) 交付決定日 10月6日(木)
【11次締切日】9月20日(火) 交付決定日 10月20日(木)
【12次締切日】10月3日(月) 交付決定日 11月4日(金)
資料共有でミーティング
資料共有でミーティング
在宅勤務環境の実現
テレワークで
国内・海外で
国内・海外で
まずはお問い合わせください。
お問い合わせフォーム →
東京・大阪・仙台・福島・郡山
お近くの拠点よりお伺いいたします
総合受付センター TEL 0120-32-4491

TOP