導入事例のご紹介
製造・工場・倉庫

  • コスト削減
  • 業務の効率化
  • 利便性の向上
  • 情報共有

事業所間を常時大型ディスプレイで接続、
顔を合わせた親密なコミュニケーションを実現!

TV会議システム/カワダロボティクス株式会社 様

事業規模の拡大にともない事業所が複数化され、設計・開発・製造・販売の分野間で、より親密なコミュケーションが必要となりました。
以前よりTV会議システムはありましたが、今回、常時接続システム&大型ディスプレイを導入することにより3拠点同時に朝礼等の全体会議ができるようになりました。
また、会議の場所や時間を予め設定することなくすぐに顔を合わせて打合せができるようになり、事業所間のコミュニケーションが活発になりました。

創業・設立: 2013年4月
資本金: 11億4千万円
拠点数: 3拠点
社員数: 240人
事業内容: 産業用ロボットなど各種機械・装置の設計、製作、販売及び保守、関連するコンピュータシステム、 ソフトウェアの開発等
お客様情報 人とロボットが仕事を共有する新しいワークスタイルを創造し、世界に提案しているカワダロボティクス株式会社様は、日本の少子高齢化による労働力不足の深刻な問題や、危険作業や重労働の多くを手作業に頼らざるをえない現状も重要な課題と捉えておられます。
カワダロボティクス株式会社様は、人と協働する次世代の産業用ロボットを普及させていくことで、産業に活気を与え、人が人らしく働ける新しい社会環境作りに貢献することを目指してしております。
  • コスト削減
  • 業務の効率化
  • 利便性の向上
  • 情報共有

従来は手作業で行っていた定型業務を自動化して年間1,542.4時間削減

RPA(ロボティック プロセス オートメーション)/三協株式会社
RPA(ロボティック プロセス オートメーション)/三協株式会社 様

従来は手作業で行っていた定型業務(各種システムへの入力・Excelの入力出力)をRPAで自動化したことにより、年間で1,542.4時間の削減に成功しました。 今後も工数のかかっている作業を中心に自動化を進めていきます。

創業・設立: 1960(昭和35)年
資本金: 3億6千万円
拠点数: 国内12営業拠点/3工場、海外12営業拠点/3工場
社員数: 239名
導入目的: RPA導入による工数削減
事業内容: 自動車向けファスナー部品等の販売
お客様情報 社名の由来でもある「三者(得意先・協会会社・従業員)の和」を礎に、メーカー・商社両方の機能を駆使し、幅広いグローバルネットワークを活用したサプライチェーンを展開。
自動車部品を中心に、規格品から特殊図面品、組立部品まで、高品質な加工部品のトータルソリューションカンパニーとしてお客様のニーズに応える事業をされております。
  • 業務の効率化
  • 働き方改革
  • 利便性の向上

打合せのための移動時間とコストが、最大7時間から大幅短縮、
スイッチひとつで、すぐに打合せが開始でき、働き方改革が実現!

TV会議・WEB会議システム/サンエー工業株式会社 様

業務会議や打合せは、全国15ヶ所の事業所から出張し、東京の本社で実施しておりました。課題として、移動時間や移動コスト、更に、働き方改革も重要なポイントとなっておりました。
そこで、全国の事業所へTV会議システムを導入し、更に作業現場とリアルタイムでつながるWEB会議システムを連携することにより、迅速な対応や決定ができるようになり、業務改善・働き方改革が実現いたしました。

創業・設立: 1968年4月
資本金: 5千万円
拠点数: 15拠点
社員数: 199名
事業内容: 各種ポンプ、土木建設機械の製造、販売、修理、賃貸
機械器具設置工事、管工事の請負、施工、監督
電気工事、水処理機械装置に伴う土木工事請負、施工、監督
土壌浄化、水質浄化機械の製造、販売、修理、賃貸、設置
お客様情報 次の世代にきれいな水を残していくことを使命とし、建設用水処理機械の設計、設置、レンタル、販売の事業で建設業界に幅広く貢献されております。
事業は「お客様のご要望に応じたもの、いかにご満足して頂けるもの」を徹底的に追及し、お客様のニーズや用途に応じて提案型営業で水処置設備の設計から施工・メンテナンスまで、あらゆるニーズにお応えする水処置のトータルプランナーとして躍進されておられます。
  • コンタクトステーション 動くオフィス
  • 業務の効率化
  • 利便性の向上
  • 経費削減

コールセンターをコンタクトステーション化し、全ての電話を内線化して「動くオフィス」を実現

コールセンター向けの専用機能を導入、携帯電話及び拠点間の内線化 /株式会社タイハク 様

株式会社タイハク様は、コンクリート製品や資材販売をされております。生コンの販売においては、製造から90分以内に現場に届ける必要があり、お客様からの注文に対し、電話オペレーター、製造工場、配達の社員が迅速に連携する必要があります。

【課題】
①各工場の注文受付をするオペレーターの電話対応を効率化、平準化させたい。
②管理者は、コールセンターの稼働状況や、通話時間などを把握したい。
③本社工場と利府工場や名取工場の連携を効率化させたい。
④携帯電話を内線として使用したい。携帯電話から会社の番号で発信できるようにしたい。

お客様が抱えるコールセンターの課題に対して、電話の運用を改善として、お客様からのご注文を受付する電話オペレーター、工場間、外出中の社員を連携し効率的に電話を行う『コンタクトステーション』をご採用いただきました。

【導入内容と導入効果】
①コンタクトステーションの機能として、オペレーターの電話着信は、待機時間に応じて自動で着信を振り分ける事で、均等に対応できるようになりました。(ACD機能)
②管理者は各オペレーターの稼働状況が把握できるようになりました。また長時間話しているスタッフの会話状況をモニタリングすることで、クレームの抑止が可能となりました。(マネジメントアプリケーション)
③コールセンターでのオペレーターの他、拠点間の固定電話と50台を超える携帯電話を内線化し、どこにいても電話を携帯電話で受けられるため、呼び出したいスタッフとダイレクトに繋ぐことが出来るようになりました。
④内線化による業務の効率化が図られ、携帯電話から各拠点の電話番号でお客様に電話を掛けることが出来る利便性も喜んでいただいております。

社員数: 役員8名 社員:134名(令和3年7月現在)
事業内容: 生コンの製造販売及び資材販売
お客様情報 生コン製造・販売を行なっている会社としては東北トップクラスの会社です。経営陣は非常に若く、社長以下の平均年齢は40歳に満たない会社です。
その為、新しいサービスの導入には非常に積極的で、様々な改革・改善を行なっている中で当社の提案を採用していただきました。
  • コスト削減
  • 業務の効率化
  • 利便性の向上
  • 情報共有

TV会議システム・WEB会議連携/ヨツギ株式会社

国内のTV会議システムと、 海外拠点のWEB会議システムを連携させ課題が解決! 様

国内の9事業所及び2カ所の関連会社間では、既にTV会議システムを使用しておりましたが、海外拠点とはTV会議システムがつなげずに、別のWEB会議を使用し、国内・海外の2つに分けて会議を開催していた為とても非効率でした。
今回、経年劣化を機にシステムを導入しましたが、国内拠点間のTV会議システムと海外拠点のWEB会議が連携できるようになり、同一の画面上で双方向のコミュニケーションが可能となった為、業務の効率アップと業務コストも低減しました。

創業・設立: 1934年4月
資本金: 9千万円
拠点数: 国内9拠点
社員数: 230名(グループ連結)
事業内容: 建障用品、保護具、防具、樹木対策品、鳥害対策品、電設資材、埋設用品等の製造及び販売
お客様情報 昭和9年の創業以来、『安全性を徹底して追求すること』を通して尊い人命を守り、生活(くらし)を支え、 社会に貢献することをテーマに、ライフライン全般の電気、ガス、水道、鉄道、通信等、様々な分野の現場で使用される安全確保のための製品を、安全性を担保した上での作業性の確保が商品開発の重要な命題であるとされ、生活を支える産業界に貢献されております。
  • コスト削減
  • 業務の効率化
  • 利便性の向上
  • 情報共有

中国生産拠点と国内外のお取引先様とのプロジェクトは、
世界が隣にあるような臨場感と、スピーディなコミュニケーションを実現。
サンプルや生産品の質の向上、業務の効率化・コスト削減に貢献

TV会議・WEB会議連携システム/株式会社OZ 様

1)導入の狙い
・コロナ禍での出張などリスク対策を行わなければならないが、靴のフィッティング確認や、素材のA風合い、質感、微妙な色合いについての打合せ・指示を行いたい。
・神戸本社事業所と中国東莞オフィス事業所間のコミュニケーションを向上したい。
・海外出張時でも、お取引先様や中国東莞オフィス間でのプロジェクトミーティングに参加したい。

2)解決策
・高価で複雑なグローバルVPNではなく、簡易・安価で且つセキュリティ面も安全な「つながるねっとサービス」を活用することで、コストを抑えながらネットワークを構築しました。
・ Web会議接続「ゲートウェイボックス」を活用することで、テレビ会議とWeb会議(中国版)を連携(接続)することができました。
・フルHDカメラを使用することで、素材の風合い・質感・微妙な色合い等が共有可能となりました。

3)導入したメリット
・コスト削減と経営の効率化・活性化
・情報や現物の商品をリアルタイムに共有できるようになり、迅速な意思決定が可能となりました。
・世界中どこにいても会議に参加できるようになり、各プロジェクトの期間が短縮され、また、品質対応も迅速になりました。
・社内教育を一斉に実施することが可能となり、情報が共有化され、社員のスキルアップが図れるようになりました。
・BCP対策(事業継続計画)としても計画中です。

創業・設立: 2003年7月
資本金: 1,000千円
拠点数: 2拠点
社員数: 約20名
事業内容: 婦人靴の企画・デザイン・製造・輸出入・販売およびファッションデザイン・企画のプロデュース 他

まずはお問い合わせください。
ICT無料診断・デモンストレーションも随時承っております。

女性 - お問い合わせフォーム ▶ - 男性

|総合受付|022-232-4491

全国どこからでも音声応答にて対応しております。お客様のお問い合わせ内容により各部署におつなぎいたします。