導入事例

  • 製造・工場・倉庫
  • RPA

三協株式会社 様

定型業務をロボット化し、作業時間を大幅削減

従来は手作業で行っていた定型業務(各種システムへの入力・Excelの入力出力)をRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で自動化したことにより、年間で1,542.4時間の削減に成功しました。 今後も工数のかかっている作業を中心に自動化を進めていきます。

創業・設立 1960(昭和35)年
資本金 3億6千万円
事業所 国内12営業拠点/3工場、海外12営業拠点/3工場
社員数 239名
導入目的 RPA導入による工数削減
事業内容 自動車向けファスナー部品等の販売
お客様情報
社名の由来でもある「三者(得意先・協会会社・従業員)の和」を礎に、メーカー・商社両方の機能を駆使し、幅広いグローバルネットワークを活用したサプライチェーンを展開。
自動車部品を中心に、規格品から特殊図面品、組立部品まで、高品質な加工部品のトータルソリューションカンパニーとしてお客様のニーズに応える事業をされております。

まずはお問い合わせください。
ICT無料診断・デモンストレーションも随時承っております。

女性 - お問い合わせフォーム ▶ - 男性

|総合受付|0120-32-4491

全国どこからでも音声応答にて対応しております。お客様のお問い合わせ内容により各部署におつなぎいたします。